うどんの国

  1. 2009/08/24(月) |
  2. タミグラ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6
この週末、うどんを食しに四国は高松まで行ってまいりました。


深夜1:00に我が家を出発し、途中2箇所でピックアップ・・ という段取りなんですが、12時過ぎに待ちきれないあの方から電話が(笑)
ピックアップに向かい、家に戻ってこうじろをのせてちょっと早いですが出発。播磨を経由して明石海峡をこえたところで腹ごしらえ。

淡路島といえば玉ねぎですが「玉ねぎラーメン」はどうなんでしょ? 


(ちょっと食べちゃった)
玉ねぎの甘味がいいかんじでした。

ほとんど他の車がいないなか、無事に四国に上陸しまして一路高松に向かいます。

高速を降りて、うどん屋へ・・・ は向かわずに高松駅方面へ
ということで、参加してまいりました四国大会2日目。






現地5:00着。
早すぎて地下駐車場に入れません。6時まえには開けてもらえましたが、もう少しゆっくり出発してもよさそうですな。

ピットの準備もすんで、しばし休憩。。。 のんびりしていたのもここまで。この後はずっとバタバタすることになりました。 
今回は、峠09とF104のダブルエントリー。こうじろのジュニアとで実際はトリプルエントリーみたいなもんです。
こんなことが出来るのも、いろいろサポしてもらってるお陰で・・ 感謝です!


何をしているのかな??



さてレースのほうですが、ライトに引き続きリヤのズルズルに苦戦しました。
それをカバーする腕もなく、すばやくセットを変更できるでもなく
予選終了時の順位は、峠09 36人中20位。F104 42人中29位。

決勝に至っては、峠09/F104ともに同じ場所でマーシャルの助けを借り 最下位になる始末で、残念な結果となりました。

こうじろは、ポンダー脱落にもめげず、アッパー外しながらも最後まで走りきったし、 会場でクローラーを体験したりで 一日たのしく過ごせたようなのでよかったかな。
わたくしも、結果はともかくいい経験を積んだ一日になりました。


・・・


あとはおまちかねのうどんです。 本場にはいるものの、何処がいいのかわかんないので、あちらこちらで耳にする「池上製麺所」をナビで検索し向かいますが、残念ながら準備中。

とりあえず近くにあった店に(名まえ忘れた・・)


ぶっかけ(大)

次に訪れるときには、何軒かはしごして食べ比べてみたいものですな。




タミチャレinライト

  1. 2009/08/17(月) |
  2. タミチャレ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6
ライトで開催されました、タミチャレに参加してまいりました。



思い起こせば一年前、初めてライトサーキットを訪れたわたくしは、あまりの走行しているマシンの多さとそのレベルに怖気づいてしまい、すごすごと退散したのです・・・

そんなことを思い出しながら、早朝の名神を西へと向かいますが・・・




兵庫県にはいったとたんに雨。どんどん激しくなりまして引き返そうかとも思いましたが「特に連絡も無いちゅうことは、こっちだけ雨なのかな」とそのまま向かうことに。 結局現地は、朝方に多少パラパラ降っただけで、暑い一日でした。

今回は欲張ってF1とチャレ09のダブルエントリーです。



(ピットスペースをわけていただきました。エフさん、AKIRAさん、どらさん、ありがとうございます!)


●練習走行
 チャレ09
溝半分ぐらいのタイヤで出ます。 若干リヤが流れますがまあ何とかなる程度かなと。 リヤのみ溝多目に換えてみると、こちらのほうが操作しやすい感じだったのでこのまま1回目は行くことに。
 F104
ワ城以来のアスファルト路面です・・。 フロントタイヤの径が小さくなったためか、もうわたくしの手には負えんクイックさですわ。 さらにマシン回収時に気がついたのですが、どうもフロント下を擦っている・・・
緊急オペが必要です。



フロントの車高を上げないといけないわけですが、どうすりゃいいのかわからんよ・・・。 ナックルってイモネジで固定してたことなどすっかり記憶にないわたくしは めんどくさ〜と わけも判らす上下のEリングみたいのを外しちゃいましたよ。 「間違ってますよ!!」とご指摘をうけたりなんかしながら何とかかんとか 無事車高は上がりました。

●予選
 F104 - 1回目
「ま・まがらん・・・」こんなに変化するもんなんかとか思いながらも、ていねいに走行することを心がけ終了。 ショリショリとタイヤの削れて行く音がきになりますが、やっぱりオモロイです。
 チャレ09
練習走行とはうってかわってリヤがズルズルです。
104の後からなのか、テンション下がり気味。 Bメインも怪しい。。。

●予選2
 F104
別に何にもさわってないのでマシンは何もかわりません、まんまさっきの続きという感じで、タイムは1回目とほぼかわらず。
チャレ09
新品タイヤももって挑みますが、ズルズルは変わらず。 ただスベりかたがさっきとは違うのか前には進むので少しましかな。 14.07 と今回も14秒は切れず。


決勝前に気がつきましたが、104とんでもなくトーインです。車高上げたときにそうなったのか・・・ 0度になるよう調整して決勝を待ちます。

●決勝
 F104
上位2台に何処まで付いていけるか・・・ って感じでスタート。何とかくらい付いていきます。2位の方がペースが上がらずで、少しの間2位を走行しますが結局差され、その後はどんどん離れていき終了。
 チャレ09
Bメ6番からスタート。あれ5番さんどーしたの?と思うまもなく1コーナーでずるーっと。 スイマセン。 レース中終始ズルズルとの戦いでした。
ベベにて終了。 


・・・
わがチャレマシンは、操縦者と同じく暑いのはダメなようです。空調がととのったところではソコソコ走る(気がしている)が、炎天下ではサッパリ。
つうことでその辺をどないかして峠ではなんとか・・・(したい)。