いまさら

  1. 2009/10/30(金) |
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4
お役御免となるはずであった Formuraチューン。

goodyにあるアイテムにより復活しました。




あらためて、計測。


.


..


...







!!!




この前の苦労はなに?



やはり

  1. 2009/10/22(木) |
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4
ようやく疲れが取れてきました。


現地で見る余裕もなくリタイヤしたまま持ち帰ったF104






やはり




開いちょりました(涙)



あの日はというと、
免許とりたての癖に訳もわからんままに風量のでかいシングルタービンを着けたアンチャンのようなもんで、
「それで曲がれんのか?」
「へ??」
みたいな。
当然それを卸すテクも持ち合わせてるわけもなく、そうなってあたりまえの結果なんですが。


ってことで問題のシーンはこちら。



オーバーランするにもほどがある・・・


2400も動画をみると大回りなのよね。パワー以前の問題ですわ。

まだまだやな・・・

げんこつ

  1. 2009/10/19(月) |
  2. タミグラ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:10
夏の雪辱を果たすべく、はるばる掛川までいって参りました。



前夜、こころの充電(意味不明)を済ませ某氏をピックアップへ。
テキパキと荷物を積み込み、いざ出発。。

途中のコンビニにて「今回は荷物がすくないねぇ」と会話をしていてあることに気付きます。

「あれ、テーブルとかは?」 
「いるの?」 
「・・・」

常設がとれる保証などないというのに このお方は・・ とんでもない大物なのか、はたまた・・・

とりあえず常設確保の可能性を上げるため、ひたすら急ぎます。
強烈な霧のなか、何とか到着。 10台ちょっと並んでいたでしょうか。
ほっとしたのもつかの間、爆音発生装置起動。「こりゃ長い一日になるなぁ。。。」と思いながら、
その装置をゆすったりしながら待つこと数時間。 ようやく開門です。


本日のエントリーは F104 と 2400
F104 --> 2400 の順なのでお立ち台に慣れるって意味では○ですが、
コースが微妙に違うのですよね。






ピットの準備をしているうちに、「練習走行開始しま〜す」と案内してますが、まだ路面はウェットなんで、先に車検へ。


●練習走行
 [GT2400]
  時間ギリギリまでまちますが、まだ路面のかなりの部分がぬれてます。
  が、全くの無問題。 
  上からみてるとなんだかスローモーションのようです。
  なのに、直線で他車にぶち抜かれちょっとショックを受ける。

 [F104]
  まだ完全に乾ききって無いとはいえ「マキマキ」でどーにも出来ずテンション下げ下げ


●予選1
 [F104]
  1ヒート。自分のマシンがどれやったかマジでわかんなくなりました(汗)
F60出たらますます・・・

  お立ち台の影部分・・ようは1コーナーはまだ乾いて無いとわかっていながらもクルンと。実質4周でタイムを出さないといけないという焦りからあちこちでクルンクルン。 トップから6秒落ち・・・
  
 [2400]
  前列一番外からのスタート。 1コーナーへは3番手で進入しますがほとんどダンゴ状態でそのまま2コーナーへ。なぜかわたすのマシンだけスピンしてますがそのまま360度廻って復帰。 この時点で4番手。 さっきは無かった障害物に一瞬ビックリしますがなんとか通過。 結局そのまま前に追いつくどころか離される一方でゴール。



一応Aメ圏内ですが、トップとは絶望的な5秒差。

モーターも絶望的・・・

横ではドリをしてますが、それどころではありません。 
どうにかこうにか 15,000廻ったところで2回目の呼出し。

●予選2
 [F104]
  コンクリートプロックでコースを割ってるところに毎周ブツかりながらもさきほどよりはましなタイムで終了。

 [2400]
  マーシャルを終えてピットに戻り、顔面蒼白に。。。
  充電すんの忘れてた・・・
  あわてて充電してのこんどは後列スタート。 様子を見ながら1コーナーへ進入。2コーナーのゴチャゴチャを抜けて? トップに出てそのままゴール。
  


●決勝
 [F104]
  2回目がまんなか辺りのタイムだったようでC1から。
  プー。
  1コーナーで2・3位につめよられますが、トップのまま外周に出ます。シケインセクションを抜けて、今日のわたしの鬼門といえるコーナー・・・吸い寄せられるようにコンクリートブロックに激突。 終了〜
  
 [2400]
  2回目で2秒縮めてましたが、トップも同様に2秒縮めており5秒差は変わらずのA8から。
  ぷー。
  スタートした瞬間、終わったことを悟ります。もうあとは縦の無い2台で最下位あらそい・・・ 9位で終了〜



パワー勝負になることは、わかっていたはずなのに・・・
反省すべきが山のようにある遠征でございました。。。


もちろん、げんこつは食らいました。